-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-26 11:16 | カテゴリ:戯言
日本代表、決勝トーナメント進出しましたね。やりましたね
私はあまりサッカーには興味ないのですが、代表戦は一応チェックしなくちゃねって程度に見ます。先日は朝のニュースで結果見ればいいやなんて思い、普通に寝たのですが、やはり気になっていたのか4時ちょっと前に目が覚めてしまいました。ので見ちゃいました。やはり日本人ですから日本を代表して戦ってくれている人たちは気になっちゃいます。
世間のあの非難の渦の中、さぞしんどかったでしょう。あれは叱咤激励の域を超えてましたよね。岡田監督や代表選手達を、ただただ不満のはけ口にしていただけってかんじでしたね(私、鳩山さんの時もこんな事書いてましたね)。そんなこと言いながら私も非難はしないまでも勝つとは思っていませんでした。世界相手にたいしたもんだと思います
次は11時からでしたか?さほど寝不足にはならずに済みそうです。
でも次パラグアイに勝っても、次はスペインかポルトガルなのね。簡単にはいきませんね。ベスト4への道のりは厳しいなぁ。

しかし、マスコミや世間の手のひら返しようは笑っちゃいますね。なんともまぁ恥ずかしくないのかしら?
さらに決勝トーナメント進出に対する浮かれ報道、優勝しちゃったかのような浮かれよう、まだワールドカップは終わってませんよ。これからが本番でしょ?彼らの目標はベスト4です。さらに本田君は優勝するって言ってます。まだ終わってないのですよ。決勝トーナメント進出はかなりすばらしい結果ではありますが、褒めるのは、すべて終わってからで良いじゃん。まだお祭りは終わっていないのです。

最近マスコミの報道の仕方に非常に疑問を感じます。私が大人になったからかしら(笑)



                              -T-
スポンサーサイト
2010-06-11 16:26 | カテゴリ:俺語録
お待たせいたしました、久々にブログ更新します(^_^;)

先日、人生初の、ジャズの生ライブに行ってきました。
最近、知り合った友達の、お姉さんが、ジャズシンガーで、秦野でチャリティーライブを
やったので見に行ってきましたよ~

場所は、何とヤビツ峠にある山荘で、昼間のライブだったので、とても新鮮でした。
青山荘と言って、私が、小学生の頃に林間学校的な行事で、お世話になったところだったので
とても懐かしく、その頃の思い出が、走馬灯のように思い出されました。

偶然にも、友達のお母様の実家だそうです。

ライブは、アットホームな雰囲気で、リラックスでき、素敵な時間を過ごす事ができ、
最高の一日でした!!

すっかり、ジャズにはまりました(^^)v



グレース マーヤさん、とても素敵な歌声で、癒されました。
ありがとうございますm(__)m
今度は、ライブハウスに行きたいと思います

みなさんも、興味がある方は、是非、一度ライブに行って下さい
お勧めです!!



201006091131000.jpg



今日の俺語録

何事も、出来るか、出来ないじゃなくて、やるかやらないかなんだよ

                            mura
2010-06-04 11:46 | カテゴリ:戯言
ちょっと遅いネタになってしまいますが、鳩山さんが辞任しましたね。

なんだか私は釈然としない・・・

トップが責任をとるのは組織として、まぁ当然のことかなと思います。しかし、あまりにも鳩山さんを無能だなんだといいすぎではないかと・・・。あまりにも鳩山、小沢に責任をなすりつけ過ぎではないかと。確かに有言不実行だし言ってることはぶれぶれだし、遅かれ早かれ退陣に追い込まれる事は想像するのは簡単な事でした。が、あまりにも、あまりにもあの人一人が悪いようになってはいませんか。政策やなにやらを指示したりGOサインを出すのは彼かもしれませんが、中身の細かい部分を調整するのは周りの閣僚や官僚達の仕事ではないのですか。そこんところでもう少し素敵な案や方策を出していれば結果も違ったのではないでしょうか。最終的にGOサイン出したのは彼ですから仕方ないのですけど。今度の代表は菅さんになりそうな雰囲気ですが、トップが代わってどこまで変化するのか。トップが代わっても周りはたいしてかわらないんでしょ。次の代表が島耕作並みに周りのテンションを上げられる人ならいいなぁ。無能な一国民としては良いほうに向かっていってくれるのを望むしかないのが不甲斐ないのですけどね・・・。

つい8カ月前まではとても高い支持率だったのに、というか支持じゃなくて自民党政権への嫌悪感の裏返しの期待率だと思いますが。この凋落ぶりったらすごいね。でもね考えてみてください。自民党政権時の負の遺産をそのまま引き継ぎながら、数か月で結果出せってのはちょっとコクではありゃしませんか。いまの状況がまったの出来ない状況だってのは理解できます。でもね、悪い時代が長ければ長いほど良いほうへ戻すには時間がかかるものだと思うのですよ。悪い方へは簡単にいけるけど、良いほうに戻すのは大変なのです。ダイエットと一緒ですよ。

あの当時は当然民主が政権取ったら鳩山さんが首相になるのはだいたい予想できた事じゃないですか。それをわかっていて投票したのは有権者です。もっと言えば、それ以前から政党として駄目になってしまった自民党を選び続けたのも有権者です。だから当然私ら有権者がこの危機的状況の原因でもあるはずです。でもテレビやネットではなにもしない自分たちを棚にあげて批判ばかり。という私もここで文句たれてますけどね(汗)。建設的な意見など見当たりません。日本を動かしているような人たちやマスコミはべつとして、ごくごく一般的な庶民が情報を得る媒体はテレビやネットでしょ。特に若い世代は。そこに書いてあることやコメンテーターが発する言葉が批判や文句だらけだったら、皆がそうなるとは思いませんが、多くの人たちがそっち方面に考えが傾くんでないかしらね。悪いほう悪いほうへと誘われている気がしてなりません。この国の閉塞感は末期症状ですね。この先どうなることか・・・。なんとかしないとね。とりあえず、批判したり文句をいった後には、必ず何か一つそのことに対する解決策を考えるという決まりを作りませんか(笑)


あっ、これはフェリーチェのブログですが、あくまでも私個人の考え方です。その辺ご理解願いますね


                            
                                     -T-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。