-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-07 18:48 | カテゴリ:戯言
「晩秋」という映画を見た。1989年のアメリカの映画です。
一人のおじいさんの晩年と家族のお話。
私的には・・・とても良かった。
身につまされる場面も多かった。公開当時に見ていたら、もしかしたら何とも思わない退屈な映画だったかもしれない。それどころか18、19の頃にこの映画を見ようとは微塵も思わなかったでしょう。
40数年生きてきて、なんとなく生きてきたようでも、いつの間にかいろいろ経験しているようです。この映画に感情移入できるようになってる自分が意外でした。
後半30分くらいに日本人というか日本語というか、日本が係る場面が出てくるのですが、今ならきっとこのシチュエーションには中国や韓国が出てくるんだろうな。バブル期終わりくらいの日本の勢いと、時代の流れを感じてしまいました(笑)。
おじいさん役のジャック・レモンが良かった。今回はさすがにジャック・レモンではなく、息子に感情移入しましたが、老人と呼ばれる年になって、またこの映画を見る事があったらその時はきっとジャック・レモンに感情移入するんでしょう。
見る年齢によって感想が違ってくるのは、当たり前なのでしょうが、そういう事を感じられる良い映画だったと思います。
もう少し親に優しく接しようと思います。少し優しい気持ちになれたような気がします。
感じ方は人それぞれですけどね。ヒューマンドラマ大好きって方で、まだ見てない方、私はおススメです。



                         -新田-


                
      フェリーチェfacebook へはこちらからGO!








【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://0463842788.blog77.fc2.com/tb.php/174-ebe96ae6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。